のみこむ

どしてほんとのこと言っちゃいけないの

 

亡くなった祖母の口グセでした。

 

子どもの頃はおばーちゃん子だったから、

そうだよね、ほんとのことなんだから言っていいよね、

と、思っていた。

 

大人になって働くようになって、本当のことって人を傷つけるんだよ、と諭されたことがあり、

また、揉め事を避けたいという大人心(と、当時は思っていた)から、思うことがあってものみこむことが増えた。

 

が、しかし!

のみこんでも、消化できないのがわたしの幼いところ。

 

(消化できない)イラッ

あれっておかしくない?

(些細な違和感)

あのひとのあそこがどうかと思う

あたし、あのひとキラ〜イ

 

まで発展することもままある(汗)

それは避けたいよな。

 

そしてまた、本当のことと一口に言っても、

自分に影響のある本当のことと、関係のないことがある。

 

自分に関係のない本当のこと。

例えば、誰にでもある欠点とか。

 

貧乏ゆすりがクセの人がいたとして、一緒に食事していて、テーブルが揺れるようなら、揺れてるね。と言えばいい。

 

でも、あなたっていつも貧乏ゆすりしてるよね、とか、

貧乏ゆすりは良くないクセだから、やめた方がいいよ。とか、

そういうのは自分には関係のない本当のことだ。

 

自分に関係のない本当のことを口にしないのは、

揉めたくないという思いもあるけれど、

そこに踏み込むことはおこがましいとも思うから。

もっと言えば、それを指摘するどんな権利を持つの?と。

だって、誰にだって欠点を持つ自由はある。

 

わたしだって欠点がある。

命令されるのも拘束されるのも沈黙を強いられるのも嫌い。

生活はだらしないし、同じことを繰り返すことが苦手だ。

 

それを指摘されてもうんざりする。

分かってるし、直すべきかもしれないけど、それって自己責任てやつでしょ?

なんか迷惑かけましたっけ〜…ほっといて!的な感じ。

 

というわけで、踏み込む範疇には気をつけるべきだけれど、

自分に影響が出るときは、感情を荒立てずにはっきり、意見を述べるべきよねと、最近思う。

のみこむと悶々がドンドン大きくなって、止められなくなってしまう。

 

それともう1つ。

欠点は誰しもが持つもので、当たり前なんだけど、

自分の欠点を自分で認めるというのは必要なことかなぁと思う。

 

でもこれって余計なことだよなぁ。

わたしも以前にある欠点を指摘されて、それは分かってるけどできないから。と思っていたら、

人のせいにしてるから、できないんだと言われたときにはびっくりした。

 

人のせいにした覚えはなかった。

ただ、できないし、できるようになれる気もしないし、それはもう諦めてるから周りにも諦めてほしいと思った。

それだけ。

 

その時も、そう言いたかったのをのみこんだ。

一方通行な会話は不公平だなと思った。

 

でも世の中ってのは不公平にできている。

うん、よく知ってる。

 

ただのみこみ過ぎは体によくない。

 

和食

ここのところ、胃腸が荒れ気味です。

 

2日前には、緑色の便が出てびっくりした!

調べてみると、きちんと消化吸収されずに素早く腸を通過してしまうと、そういう色になるそうで、

主に赤ちゃんに多い症状らしい(笑)

 

ま、原因としては、あれだよね、夏バテ。

 

今年の夏は、エアコンを浴びずに済んだおかげで、

倦怠感はすごく少ない。

毎年8月は、だるくて何もしたくなくてゲンナリしてるけど、今年に限ってはその症状はなし。

 

でも、エアコンなし生活はやっぱり暑かったから(笑)

冷たい飲み物をたくさん飲んだ。

氷をバンバン使ったし、アイスクリームも食べた。

毎日ところてん、なす、きゅうりを食べていた。

そしてまた、辛いものが食べたくて、鷹の爪や豆板醤をバンバン使っていた。

 

つまり胃腸は冷え切っていた。

そしてまた土用の時期は消化器の毒出しだそうで、

手足の肌荒れも結構出ている。

左足のすねなんて、掻きむしって真っ赤だ〜

四肢の毒出しは主に消化器。左側は新しい毒。

どう考えてもここ最近の食生活の影響。

 

というわけで、こんな時期は和食。

本当は絶食がベストだけど、それは叶わぬ夢…

 

てことで、和食と言ったら味噌汁!

美味しい水なすが手に入ったので、わかめと味噌汁に。

 

そしてまた最近食べたくなるのが油揚げ。

身体を冷やさず、胃腸に負担をかけずにたんぱく質摂取したいってことだよな。

ほんとは、いなり寿司が食べたいんだけどそれは面倒だから(笑)、なすとネギと醤油と酒で煮る。

 

スーパーに行って目に付いたのは、鮭。そして納豆。

 

つまり基本は旅館の朝ごはんなのね…

そう思いながら帰ってきました。

 

本日のメニュー。

 

鮭の塩焼き

なすと油揚げの煮浸し

納豆

なすとわかめの味噌汁

きゅうりのぬか漬け

玄米ごはん

 

化学調味料、砂糖は使いません。

料理酒は無添加、醤油も無添加で丸大豆、味噌は田舎みそ。

 

身体に優しい味。

新鮮な野菜はほんのり甘い。

水なすは美味しいなぁ。生でも食べられるけど、今のわたしには、加熱してしょうゆか味噌で味付けするのがベスト。

 

弱ってるときは和食に限る。

手料理として比較的美味しくできるのも和食。

それはたぶん、わたしたちのDNA的にそうなるんだろうと思うんだけれど、うまく説明できない。

 

年齢からくる不調を患っている両親や、成長期の子どもを持つ妹家族にもそのことを伝えたいと思うのだけれど、どうにも伝わらない。

食は好みであって、健康は運動とカロリー制限、病院に支えられているものであると思うみたい。

食養生という単語は聞いたことがあっても、そんなことは古臭い伝承のように思ってるのかもしれない。

 

仕方ないね。わたしはわたしのできることを。

 

明日は何を作ろうかな。

まずはマルシェに野菜を仕入れに行こう。

きっとまだ夏野菜しか売ってないけど。

 

 

おとなりさん

隣のおうちは、3人家族です。

若いパパとママ、そしてやっと歩けるくらいの小さな男の子。

 

ずーっと、お隣は誰が住んでいるのか知りませんでした。

たまに、夜、すれ違うくらい。

ちょっと派手な感じの女性で、てっきり一人暮らしなんだと思ってた。

 

最近、朝によく会うようになり、挨拶するようになり、

子どもがいること、旦那さんがいることに気がついた。

 

気がついてみれば、確かに子どもの声がする。

時折、泣き声なんかもする。

ほー知らなかった。

子どもが泣くのは当たり前なので、別にそれは気になりません。

気になるのは別のこと。

 

共用廊下には物を置いてはいけないことになっています。

でも一時的に何かを置きたくなることは理解できるし、

そこに目くじら立てるつもりはなし。

 

ただ、お隣は、雨が降ると必ず傘が廊下に出ていて、

それがまた、黒のコウモリ傘で、少し気になっていました。

 

確かにウチのマンション、玄関に傘置き場がないのよね。

引っ越してきたとき、傘をどこに置けばいいのか悩んだ覚えがある。

でも共用廊下…それも最初は階段に置いてあった。

そこは御宅のテリトリーではないと思う…

 

そして子どもがいると知ってから置かれるようになったA型ベビーカー。

確かにベビーカーって大きいよね、しかもA型。

分からないでもないんだけど…

 

廊下って屋根はあるけど、吹きっさらしだ。

そこにベビーカー置いて、汚れないのかしら。

吹きさらしのベビーカーに、赤ちゃん載せるのかしら。

 

さらに、最近。ゴミ。

と言っても段ボール。

段ボールだから臭うわけでなし、隅に寄せて積まれてるから、邪魔とかそんなんでは全然ない。

 

でもウチのマンションの管理人さんは結構優秀で、

ゴミ捨て場を完璧に整理してくれている。

わたしなんて、段ボールは畳まずに出してしまう。

でも怒られることもなく、他の家から出た段ボールと、綺麗にまとめられて、ゴミ捨て場に整理されている。

 

だから、下に持ってけばいいのに。と思っちゃう。

小さなマンションだ。下に持ってくだけだ。

 

なんだか余計なことを考えてしまうよねぇ。

片付けるのが苦手なのかなぁ。とか。

 

人は見た目ではないといいつつ、それでも見た目なのが世の常。

金髪でギャル語のママ、猫背でロン毛のパパ。

パパは毎朝出かけて行くけれど、TシャツにGパン。

サラリーマンではないみたいだし、肉体労働的なたくましさにはちょっとかけるし、俯き加減で大人しそうで、見た感じは学生さん風。

 

お二人の見た目がどうであれ、わたしには関係ない。

たまーに子どもの声がするくらいで至って静かだし。

ただ、ちょっぴり気になる。

ま、そんなこと言ったら、最近は平日の昼間にウロウロしているわたし、

充分に怪しいのはわたしもおんなじかぁ。

 

 

1日の中で、朝が一番好きです。

 

世の中の人には、朝が苦手という方が多い。

でも、わたしはどちらかというと夜が苦手。

 

22時を過ぎたら眠くなる。

夜に自宅で過ごした日は、確実に寝る準備をしています。

帰りが20時前後になった日でも、日付が変わる前に寝てしまう。

 

一番嫌いな時間は、お昼後から、日が傾く前の時間。

 

この時間は本当に何もしたくない。

午睡とはよく言ったもんだと思う。

サマータイムより、シエスタ文化の導入を!と叫びたい。

 

明け方、夕方など、日が傾く時間は至福だし、

できることなら、朝5時くらいからお昼過ぎにかけて、やるべきことを全てやってしまって、

午後は1〜2時間休憩した後、また少し働いて、

夜はのんびりまったり。で、22時には寝る。

 

6時間も働けば、十分だと思うけれど、そもそもそれが日本の風土と合っていない。

もうこればっかりは仕方のないことだ。

 

でも。不思議だよね。

なんで、仕事量ではなく、時間で測られるのか。

勤務時間だって、フレックスとは言うけれど、それは後ろ倒しにする時間であって、

前倒しで15時で上がるなんてやりにくい空気がある。

みんなどうしてそんなに夜ふかしが好きなのかしら。

 

だって、朝の空気は気持ちいい。

 

まず暁の空。あのグラデーションは夕方ともまた違う。

最近は東だけじゃなく、空が虹色に染まる。

そこに、透明な光が差してゆく。

 

だんだん街が賑やかになって、世界が明るくなって、

それでもまだ空気は澄んでいる。

表に出れば、ほのかにしっとり残る夜明けの気配。

 

9時も過ぎると世の中は動き出すから、街はあったまってくるけど、それでも10時を回る頃までは、まだ新鮮な1日。

 

11時を過ぎると、気配はまた変わってお昼になり、

13時にもなると、街は無機質になる気がする。

この辺でわたしは何もしたくなる。

 

日が傾き始める頃、街はまた色付き始める。

「夜になる前に」みんなが自宅に急ぎ始める。

今日も1日がんばったと、疲れを癒す方へ向かう。

 

夕焼けは季節にもよるけれど、やっぱり見惚れてしまう。

赤と青のグラデーション。小さな星の光。

 

空が真っ暗になる頃は、家の灯りを楽しんで、

そして今日も1日終わったなと幕を下ろしたくなる。

 

そーんな過ごし方が理想。

全くもって、社会の流れとは違うけれど。

 

 

職場

久しぶりに職場のそばへ。

退職して1ヶ月。

特に懐かしさもなく(笑)。

この辺よく知ってる。くらいの感じ。

なぜに来たかと言えば面談です。

 

もちろん元の職場に戻るわけではなく、

この世界ともサヨウナラのつもりでいたんだけれど、

あれこれ心配してくださる人がいるような、いないような。

 

情に熱いような冷たいような。

いや、冷たくないアピールをするためなのかな。

嬉しい!とか、絶対に!とかって意気込みもないけれど、

No thanks!とかって強い意思表示もない、中途半端なわたし。

どっちもどっちだ(笑)

 

職場のそばに大きな有料の公園があって、

時間が空いたので来てみました。

気持ちのいい公園。もっと来ればよかったなぁ。

自然に飢えていたのに、なんで来なかったんだろう。

 

秋桜が咲いて、トンボが飛んで、日陰は涼しい。

秋の気配。

f:id:yuzunatsuri:20180815112106j:image

 

この業界の人たちは、相変わらず何を考えているのかよく分からない。

でもきっと大したことは考えていないんだろうな。

 

縁を切って独立する!

には中途半端な自分。

 

学べることはまだある。でも…

自宅

二泊三日の実家暮らしを終え、自宅に戻りました。

 

まずはお風呂に入って、ふい〜

 

家族との関係は良好だし、気を使い合うことはさしてないけれど、やっぱり家とは違います。

 

まずはお風呂。

自宅でお風呂は、本を持ち込んで30分〜1時間くらい入るけれど、実家ではなかなかそれはやりにくい。

また、自宅だと朝晩入るけれど、実家は夜入るものなので、それもまたやりにくい。

 

ごはんも、自分の分だけ作って食べて、の自宅と、

子どもたちも含め総勢7人のごはんを作るのだと、

メニューや作りやすさ、それぞれの好み、後片付けの量などなど、全然違う。

 

料理は好きだけれど、品数を作らなきゃならないし、

いわゆるナチュラリスト的発想で料理するわたしと、

冷食大好き、化学調味料当然の妹とは当然のことながら意見が合わないしで、これまた大変。

 

寝る場所もね。自宅はベッドだけれど、

実家ではわたしの部屋はほぼないに等しいので、

布団を並べて甥姪とほぼ雑魚寝。

昨日はマンガみたいに、甥っ子からパンチ、姪っ子からケリが入った…

子どもの寝相なんてそんなもんだからそこに意見はないけど、

熟睡できるかと言えば、それはそうではない(笑)

 

そしてまた、永遠のテーマ。エアコン。

 

どうしてわたしはこんなにエアコンが嫌いなのか、

母は、甥は、何故あれほどエアコンを愛しているのか、

だいぶ涼しくなったと思うのに、ずーっとエアコン、

夜中に耐えきれずにエアコンを切ったところ、

暑過ぎて眠れなかった!と翌朝甥っ子に怒られる。

 

でも、お素麺を奪い合いで食べたり、

エンドレスにトランプをしたり、

家事を分担して、ごはんは作るけれど、後片付けをしなくて済んだり、

大家族ってこんな感じなのかなぁと思うと、

それはそれで良かったんだろうなと思ったり。

 

帰省には、猫たちも連れて行きました。

 

日頃、ほぼ放置に近い猫たち。

実家では、子どもたちにたっぷり遊んでもらい、

父母や妹もいて、忙しそうで楽しそうに見えた。

時折、思い出したようにわたしに挨拶に来る(笑)

 

久しぶりに妹の旦那さんともゆっくり話ができて、

充実した帰省。

 

でも、厳選されたお気に入りだけが揃い、

必要のないもののない、物の少ない自宅に戻ると、

やっぱりくつろぐ…!

ふぃーっ

 

 

夏休み!

世の中は夏休みの時期です。

わたしも、実家で妹家族とのんびり…

 

がしかし、今年の夏はひたすらのんびりしてるので、

あまりのんびり感もなく。というか、いつもとあまり変わらない。

 

働いていないと、休みが嬉しい!という感覚がないんですね〜当たり前だけど、それはそれでちょっと寂しかったりして(笑)

 

にしても家族とはいえ、感覚が違うもんだな〜としみじみ思う。

 

親はもちろん、妹もわたしももう若くはないから、

それぞれが健康志向を持っているんだけど、

それはもうみんな違う。

 

朝から野菜ジュースやフルーツを山盛り食べる父、

野菜の種類が限定的な妹、

陰陽を気にしているわたし。

 

別々に暮らすようになって、十数年、変わるもんなんだなぁ。

 

それぞれが主張強いものの、みんな人の意見を聞かないので、

でも、もめたくないし、難しいもんですね。